あなたの腸内フローラチェックポイント

 

腸内フローラをは、私たちの腸内に存在する無数の微生物(菌)の群集であり、腸内細菌のバランスが取れていればいるほど、私たちはより健康で、若々しさを保つことが出来ると言われています。私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。それぞれどんな特徴があるのか、また自分がどちらに傾いているのかチェックしてみましょう。まず善玉菌が多ければ、腸内は酸性に保たれ、免疫力がUPする一方で、健康な骨、体型、若々しくみずみずしい肌が手に入ります。腸内がきれいに掃除されていると、色、形、匂いが健康な便が力まずとも排出されるでしょう。風邪をはじめとする感染症にかかりにくく、また治りも早いでしょう。腸内フローラの状態が良い人は、大抵、弾力のある美しい肌を持つ人が多いとされています。悪玉菌が多い場合は、善玉菌の場合と反対の状態が続きます。便秘、匂いのきつい便、肌荒れ、免疫力の低下などが見られる人は要注意です。このように、自分の身体を良くチェックすると、腸内の状況が分かってくるでしょう。しかし、個人の判断では、その詳しい状態は推測でしかなく、時に、思い込みである場合もあります。病院では、腸内フローラの検査を行っていますし、排便を送るだけで、調べてくれる便利なサービスもあります。

 

腸内フローラのために摂取したい5つの食品

 

腸内フローラには、総重量1kgを超える約1,000種類の腸内細菌が約600〜1,000兆個存在するとされ、善玉菌約2割、悪玉菌約1割、日和見菌約7割の菌叢バランスが維持され、善玉菌と悪玉菌は休む事無く腸内で生存競争を繰り広げていますが、最も数の多い日和見菌は菌叢バランスが崩れるまでどちらかに加担する事は無いとされています。
腸内環境は、ライフスタイルや生活環境、精神状態などにより影響を受け、腸内フローラの環境改善には食事の成分と腸内の運動、腸内フローラの構成の3つの要因が大きく関与しています。
環境改善に有効とされる食事成分は、善玉菌を増やしてくれる食物繊維と腸内の善玉菌を活性化する発酵食品、ビフィズス菌の糧となるオリゴ糖です。
オリゴ糖の摂取目標は、1日当たり2g〜10gとされていますが、量や体質、体調によりお腹がゆるくなるケースがあるので、体調を確認しながら摂取します。
腸内フローラの為に摂取したい5つの食品は、食物繊維とオリゴ糖を豊富に含む牛蒡、納豆菌やオリゴ糖を豊富に含む納豆、乳酸菌やグルタミン酸を豊富に含むチーズ、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルト、オリゴ糖や乳酸菌を多く含む味噌です。
腸内フローラの改善には、野菜や穀物中心の食事にして肉類を控える事が理想的とされています。

 

腸内フローラの育て方

 

腸内フローラのバランスを良い状態にすると、体の免疫力が高まると言われています。体の免疫力が高まると、ウイルスなど外敵の侵入に対する防衛能力が増すほか、各種アレルギー疾患を軽減する効果があります。アトピー性皮膚炎に罹患する人は、腸内の善玉菌が減少している人に多いこともわかってきており、腸内フローラは人間の健康と深い関わりを持っていると言われています。
腸内環境のより良い育て方は、免疫細胞である白血球の働きを強めるよう、体に良いとされる善玉菌を多く含んでいる食品を摂取してあげます。
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれ、特に善玉菌のエサとなるオリゴ糖と一緒に摂取することで、腸内をより良い環境に育てることができます。
発酵食品であるチーズや味噌、漬け物なども善玉菌が多く含まれる食物です。チーズには乳酸菌、味噌には麹菌、漬け物には植物性乳酸菌が含まれ、それぞれ腸には良い影響を与えます。野菜や豆類に多く含まれる食物繊維は、消化しづらいためそのまま大腸まで届き、オリゴ糖と同様に善玉菌の栄養となるほか、糖分の吸収を抑制する働きもあります。このため、血糖値の上昇を抑えるなど糖尿病の予防に効果があるほか、心臓病などいろいろな疾患に対する予防に繋がります。

 

腸内フローラに良い食べ物|ヨーグルト

 

腸内フローラとは腸内細菌叢のことです。つまり、腸管表面に存在する腸内細菌の群のことを言います。人間一人の腸管には100兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。その腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に大別できます。善玉菌と悪玉菌の割合は2:1となっているのが理想ですが、食生活や加齢などが影響して悪玉菌が多くなりやすい傾向にあります。もし悪玉菌が過剰な場合には悪玉菌の産生する毒素のガスによってお腹が張ったり、便秘、下痢傾向となったり、便やおならが臭くなったりします。そういった症状に心当たりのある方は腸内環境を改善することが望ましいです。
善玉菌を増やすためにはヨーグルト、みそ、納豆などの発酵食品を摂取することがいいです。これらの食品には善玉菌が多く含まれているため善玉菌の補充には有効です。特にヨーグルトは腸内環境の改善によく使用される食品です。ヨーグルトは朝食べる人が多いですが、夜に食べた方が有効です。なぜなら、夜寝ている間には腸管の運動が活発になるため、摂取した善玉菌が腸管の全体に届きやすくなるためです。また食後の摂取が有効です。なぜなら食後には食事によって胃酸が中和されpHが上がっているため、善玉菌が生きたまま腸に届きやすいからです。

2015/09/14 18:05:14 |
断食が腸内フローラに効果的な理由近年、腸内フローラの重要性が再認識されています。糖尿病やアレルギー、アトピーや癌などの生活習慣病を含め、老化やうつ病、さらには性格まで腸内フローラが関係しているのです。腸内フローラを良好にしたいのであれば、食べ過ぎを避けることが求められます。その理由は、食べ過ぎることにより悪玉菌が増加してしまうことが挙げられます。断食を行うことで腸内が低カロリーの状態になるので、好ましい環境が構築されるのです。加えて、栄養素が豊富に含まれている飲み物で水分を補給することで善玉菌が増加し腸内の環境が整えられ、身体の脱水予防にも繋がります。断食という方法は、胃腸や脳を食べ物に頼らな...
2015/09/14 18:05:14 |
腸内フローラで老化防止近年何かと話題になっている腸内フローラに、老化防止の効果を期待できる細菌があることが知られています。腸内フローラとは腸内細菌叢ともいいます。これは100兆以上からなる腸内細菌の集まりで、善玉菌や悪玉菌、そして日和見菌といわれる善悪どちらでもない菌がそれぞれ共存しあって生きている、腸の中の小さな世界のようなものです。花畑にも例えられます。多くの菌の集まりである腸内フローラの中の、ある腸内細菌が作り出す物質が老化防止に効果があるといわれています。エクオールという、女性ホルモンに似ている物質です。エクオールを摂取するとコラーゲンの作られる量が増えるという実験結果があります。この...
2015/09/14 18:05:14 |
腸内フローラ【痩せる菌】の育て方腸内フローラとは、一言で言うと腸内細菌の集団のことです。腸内は、体の中でも最も多く細菌が存在し、活動している場所です。多種多様な、数多くの細菌が腸内に存在し、活動しているその様がフローラ、つまり植物の群生している様を思わせることから、この名称で呼ばれています。腸内フローラを構築している腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも属さず腸内環境次第でどちらにも変化し得る日和見菌の3つに分類することができます。そしてそれぞれが体に対して様々な作用をもたらしています。そしてその作用を利用すれば、ダイエットを効率的に進めることも可能です。腸内環境を構築している細菌の内、...
2015/09/14 18:04:14 |
腸内フローラと不妊腸内フローラという用語を以前と比べると見かける機会が増えてきましたが、フローラという言葉からはどんなことを意味するのか分かりにくくなっています。これは腸内に生息する最近の群れを花畑に例えたものです。ビフィズス菌などが多く、腸内フローラの状態が良好だと腸内環境がいいということになります。腸内フローラは様々な身体の状態に影響を与えると言われています。言葉が違うだけで簡単に言い換えると腸内環境のことですから、それが悪いとアレルギー反応が起こりやすくなるので当然なのですがその中に不妊に効果があるとされています。妊娠と腸内細菌は一見すると無関係に見えますが、腸内フローラの状態が悪くなる...
2015/09/14 18:04:14 |
腸内フローラ改善には発酵食品腸内フローラは腸内細菌叢のことをいいます。これは腸管内の腸管壁表面に広がる腸内細菌の群のことです。腸内細菌叢を構成する腸内細菌は300種類存在すると言われています。これらは善玉菌と悪玉菌の2種に分類することができます。通常の理想的な善玉菌と悪玉菌の割合は2:1です。しかし肉を含む食事や発酵食品不足などの現代の食生活が影響して、悪玉菌が過剰になる傾向が増えてきています。悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌が有毒なガスを産生するようになってしまうため、そのガスの影響で便秘や下痢になってしまいます。またその有毒なガスに長期的に影響を受けると大腸がんとなってしまうリスクも出てきま...
2015/09/14 18:04:14 |
健康管理に、腸内フローラと乳酸菌サプリ人間の腸内には多くの細菌が生息しています。これらの細菌は腸内菌と呼ばれ、その数は約100種類以上、個数は約100兆個にもなります。その中でも特に小腸の終わり、回腸といわれる部分から大腸にかけては色々な腸内菌が種類ごとにまとまって、びっしりと腸壁に生息しています。これがまるで植物が同種同士固まって花畑のようになっているように見える事から、一般的に「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内フローラは人間の容姿がそれぞれ異なるように、その人々で全く違うものです。また、腸内フローラの状態は生活習慣や加齢、ストレスなどによって大きく変化します。このバランスが崩れると溜ま...
2015/09/14 18:03:14 |
現代日本人の腸内フローラ腸内細菌にはさまざまな作用があることが分かっています。具体的には病原体が体内に侵入すると排除する効果や、食物繊維を消化するくれる効果、ビタミン類を作る効果、免疫力をアップさせる効果などが挙げられます。また、腸内細菌は幸せ物質であるドーパミンやセロトニンを合成する作用もあるということです。腸が原因とされる病気はあらゆる部位に及ぶとされており、腸内細菌の働きについて知っておくと良いでしょう。腸内フローラのバランスが崩れるとさまざまな病気を引き起こすということなのですが、逆に腸内フローラのバランスを整えれば病気を予防する効果が期待できます。そして、腸内が健康になることで寿命を...
2015/09/14 18:03:14 |
腸内フローラが精神を支配する?腸内フローラはストレスの影響を受けやすいです。セロトニンは腸内神経細胞伝達物質のことで心のバランスを整えます。セロトニンは幸福感を生み出すホルモンで、不足するとイライラしたり、不安になったり、鬱になったりします。セロトニンが増えるとストレスに強くなり精神が安定します。セロトニンの95%が腸で作られるといわれています。腸内フローラが健康であればセロトニンが分泌され精神の健康を保つことができます。セロトニンを作るにはトリプトファンを多く含む食べ物を食べることです。チーズ、赤身の魚、納豆、豆腐、ヨーグルト、バナナなどに多く含まれています。ビタミンB6もセロトニンを作るの...
2015/09/14 18:02:14 |
睡眠不足で腸内フローラは変化する病気になりやすい人となりにくい人、同じようなものを食べているのに太りやすい人と太りにくい人、同じような条件の元でも、このような差が生まれる原因の一つが実は腸にあると言われています。腸といっても腸という器官そのものではなく、腸の中に生息する膨大な数の細菌が大きく関係しているということです。腸内フローラという言葉を最近よく耳にするようになりましたが、これは腸の中に住んでいる細菌の生態系の事を指します。まるで花畑にいろいろな種類の花が咲いているように、たくさんの種類の様々な腸内細菌が生息していることからお花畑を意味するフローラという言葉が使われるようになったと言われて...
2015/09/14 18:02:14 |
ココナッツオイルでダイエットをする人が急増中!綺麗な人は使っていると話題の『ココナッツオイル』。芸能人やモデルさんも愛用している人が多く、美容業界では引っ張りだこの存在になっています!そんなココナッツオイルは、美肌にもダイエットにも役立つ素晴らしい効果があると言われています。ココナッツオイルの肌の保湿効果は勿論のこと、バターやサラダ油に代えて調理することによって、ダイエット効果も期待できるのです。バターやサラダ油は、糖尿病のリスクを高くして、カロリーも高く、脂肪になりやすいというデメリットがあります。安価なので、市場では沢山出回っていますが、本当は健康のことを考えたら、あまりおススメできるオイ...